FXトレードを始めると、チャートとにらめっこする機会が増えますよねw

 

そして、ほとんどのFXトレーダーが使っているのではないかという

最もメジャーなオシレーター系テクニカル指標の1つに RSI があります。

 

私も、もちろん使ってます。

 

今回は多くのトレーダーに愛用されている RSI の使い方やその手法について

勉強してみたいと思います!

 

RSIとは

RSI「買われすぎ」「売られすぎ」の状況を表すオシレーター系テクニカル指標です。

 

RSIの数値は0%~100%の間であらわされ

 

「70%を超えたら買われすぎ」 で売りシグナル

「30%を下回ったら売られすぎ」 で買いシグナル

 

を一般的に表してます。

 

RSIの設定方法|期間とは?

 

まずRSIの設定についてですが、多くのトレーダーが使っているのが

期間14日間、ハイライン70%、ローライン30%という設定ではないでしょうか。

 

私の場合、主に期間を14日で使用しており、

状況によっては9日にしてみるとしっくりくることもあります。

 

また、ハイライン80、ローライン20に設定する投資家もいるようですね。

私もその辺は臨機応変に多少アレンジしたりしてます。

 

MT4でRSIを設定する場合

MT4を例に挙げてみると、チャート表示した後に、

 

挿入>インディケータ>オシレーター>Relative Strength Index を選びます。

 

「パラメーター」タブでは、期間を14とし、スタイルの色を選び、「OK」をクリック。

 

「レベル表示」タブでは、30と70が設定されているのを確認して、スタイルの色を選「OK」をクリック。

 

④すると、画面下の方にRSIが表示されたかと思います。これでOKです!

 

RSIの使い方と手法とは

そして、どのように使うのかというと

 

70 を超えたら買われすぎなので高値圏で売りを考える 「売りサイン」

30 を下回ったら売られすぎなので安値圏で買いを考える 「買いサイン」

 

というのが基本的な見方と使い方になります。

つまり、逆張りを狙う手法ですね。

 

例えば、以下のチャートでは、下半分のRSIで買いサイン(30%以下)が出ている場合、上のチャートでも買エントリーポイントであることがわかりますよね。 売りサインも同様です。

 

RSIの見方で注意すること

ただ、RSIを使う上で注意しなければいけない点があります。

 

それは、このRSIはレンジ相場の時はうまく機能してくれるのですが、

一旦トレンド相場になってしまうと、普通の使い方ではうまくいきません。

 

日中など比較的落ち着いている相場の時は、このRSIが結構助かります。

がしかし、海外勢が動き出す時間帯には要注意

 

一旦、相場が激しく動き出すと、RSIが70を超えたとしても、あれよあれよとそのまま上昇してしまうこともありますから(涙)

 

例えば、このような場面です↓ RSIが70を超えたかと思いきや、上にへばりついてそのままチャートは上昇してしまいました。

 

ただ、もしこのようにレンジ相場からトレンド相場になってしまった場合には、

気持ちを切り替えて、トレンドの初動にうまく乗れると大きな利益になります。

 

その場合、今度は順張りとしての押し目買いのポイントを探る為にRSIを使うというやり方もありです。

 

RSIのダイバージェンスとリバーサル

普通のレンジ相場だと、チャートの値動きとRSIの動きが一致していることが多いのですが、

時々逆の動きをすることがあります。

 

この逆の動きの中で、チャートの値動きは高値や安値を更新しているのに、

RSIが逆行しているパターンをダイバージェンス、またその逆のパターンをリバーサルと呼びます。

 

例えばこのような場合がダイバージェンスです↓

 

通常、これが何を意味しているかというと、

「トレンド転換」のサインだったり「トレンド強化」のサインだったりします。

 

RSIについてわかりやすい動画で解説

 

↓この動画は最後の方が株の説明になってしまいますが、

前半はRSIについてとてもわかりやすく解説しているので、是非見てみてください。

今までの頭の整理が出来ると思います♪

 

 

RSIはスキャルピング派に有効?

 

RSI単体でもかなり良い成績を収めているトレーダーもいるようですが、

私的には、RSIだけで使うよりも他の指標と合わせるとより使いやすくなると思います。

 

例えば、私の場合はトレンドラインを引いたり、MACDを使ったり。

いろいろと組み合わせてトレードの精度を上げています。

 

そして、RSIはどちらかというと、デイトレードスキャルピング派

かなり有効な指標になります!

 

実際この手法を取り入れてスキャルピングに特化した

秒速スキャルFX」という教材があります。

 

そのレビュー記事がありますので、是非参考にしてみてください♪